ムズムズ、グズグズ…ようやく寒い冬が去ったと思ったら今度は花粉の季節、暖かくなって過ごしやすくなった反面、春の到来が恨めしい方も多いのではないでしょうか。

ハナミズ、目のかゆみなど自分ではどうにもできない症状がたくさん出るのが花粉症。2017年の花粉飛散予測では実に例年の3倍の花粉が飛ぶ地域もあるとか。ピークの3月中旬に向け、空中を舞う花粉はこれからどんどん増えていくようです。
目が充血したり、鼻をかんでお化粧が崩れてしまったり…((+_+)) 花粉症になってしまうとせっかくのオシャレも台無しに。
そんな辛い花粉症、お風呂でできる効果的な対策法はないのでしょうか?


ぬるめのお風呂にゆっくり浸かって


外出後には一刻も早く着替えてお風呂に入り、花粉を洗い流したい!そんな気持になりますよね。でも、ちょっと待って!寒い屋外から帰ってきてすぐの入浴は急激に体温が上がってしまいカラダが緊張状態に。かえって花粉症の症状が悪化してしまいます。暖かくした部屋で体をじっくり温めてからお風呂に入るようにしましょう。
同じように42℃以上の高い温度のお湯に浸かるのも、逆効果でNGです。

適温は38~40℃の「半身浴温度」。半身浴で毛穴を開いて、体についた花粉を毛穴のなかからも花粉を追い出してしまいましょう!半身浴で体の代謝や免疫があがることでの症状の改善効果も期待できますよ。半身浴をするときはたっぷりの水分補給も忘れずに。


たっぷりミストにアロマのパワーを

花粉症は、たっぷりのミストで保湿することで症状を和らげることができます。それはお風呂でも同じです。じっくり入浴して湯気を吸うことで症状を和らげることができます。でも、それだけじゃもったいない。もっとなにかできないの?というあなたにオススメなのがバスオイルとしてアロマオイルを数滴湯船に落とすという方法。アロマの良い香りでリラックス効果と花粉症対策ができて一石二鳥です。花粉症に効くとされているアロマオイルはユーカリ・ローズマリー…などなど。直接肌にオイルが触れるのが不安な人は、熱めのお湯を張った洗面器にオイルを垂らす方法もあります
よ。

眠る前にはお風呂で花粉をリセット♥

今日からお風呂でカンタンにできる花粉症対策、いかがでしたか?
一番大切なのは一日活動して髪や体についた花粉を洗い流してリセットすることです。体についた花粉が布団につき、花粉に包まれて眠るなんて考えるだけでもゾッとします(´-ω-`)お風呂に入った後には、部屋着とは別の清潔なパジャマを身につけて寝るようにしましょう。
毎日のリラックスタイムをしっかり活用し効果的に花粉症の症状を和らげて、素敵な春をすごしましょう♪

▼コチラもCHECK▼
知っておこう!美しくなる為の要素チェック

エレメントチェック

▼アロマでリラックスしたい方必見!▼

青リンゴのような優しい香りでリラックス カモマイルローマン エッセンシャルオイル[bbl00060]

疲れもむくみもこれでスッキリジュニパーベリー エッセンシャルオイル[bbl00059]
▲青リンゴのような優しい香りでリラックス
カモマイルローマン エッセンシャルオイル
▲疲れもむくみもこれでスッキリ
ジュニパーベリー エッセンシャルオイル
⇒ほかのアロマオイルをもっと見る